こんな要因がニキビを作りだす

たくさんの人がニキビに悩んでいます。

頬や顎、気になるところにニキビができてしまうと「またか」「最近甘いものばっかり食べていたからかな」などと考え、よくあることだと済ませてしまいがちです。

ニキビは確かにありふれたもので、特別視するものという意識がある人はあまりいません。
しかし、ニキビのできる原因には実に様々なものがあります。
原因を知り、しっかり対処すれば、ニキビができるのを防ぐのは実は簡単なのです。

さて、ニキビと脂性肌を結び付けて考えている人は多いと思いますが、実は脂性肌なら必ずニキビができるというものではありません。
例えば、脂がよく出るTゾーンにはニキビがないのに、それ以外の乾燥した部分にニキビができることもあるのです。

ニキビができやすいのは、角質が厚くなり、ふさがれた状態にある毛穴周りです。
この状態になると、分泌される皮脂が排出されにくくなり、ニキビの原因となるアクネ菌が増殖します。
その状態が続くと炎症が起き、ニキビになるのです。

毛穴の詰まりは肌の脂っぽい部分にだけ起こるのではなく、脂の分泌が少ない部分でも発生します。

アクネ菌がニキビの原因なら、何とかして取り除いてしまえばニキビができないのでは?とお考えになるかもしれません。
しかし、アクネ菌は人体に普通に存在する菌で、皮膚の健康を保つために必要な菌でもあります。
取り除くのはあまり得策ではありません。

また、ニキビのできる要因はホルモンバランスの乱れであるとも言われます。
確かに、ホルモンバランスの乱れが起こると肌の新陳代謝は衰え、先に触れたような肌の変化を引き起こしやすくなります。
乱れた食事、不規則な生活、睡眠不足・・・ホルモンバランスを崩す生活スタイルは様々ありますが、こうした生活が重なるごとに肌への悪影響が増していくのです。

このように、ニキビができる要因は様々あり、またいくつかの要因が積み重なっていることもあります。
自分で対処できる場合もあるかもしれませんが、もし手におえないと思ったら、皮膚科で診察を受けるようにしましょう。

生活習慣の乱れが引き起こす大人ニキビ

ニキビは青春のシンボル、などと昔はよく言われたものでした。

確かにニキビというと、思春期の子供によくできるものだというイメージがあります。
しかし、実際には成人してもニキビができてしまうことはよくあります。

それらは「大人ニキビ」と言われ、思春期にできるニキビとは少々、様相が異なるものです。
まず、できる箇所に特徴があります。
思春期のニキビと違い、大人ニキビのできやすい箇所はあごの周りです。

さらに、ホルモンの変化によってできやすくなる思春期ニキビとは違い、大人ニキビを引き起こすのは、睡眠不足やストレスなど、不健康な生活習慣です。
さまざまな要因のうち、特に睡眠不足は大人ニキビに直結すると言われています。

大人ニキビを防ぐには、もちろん睡眠だけをしっかり確保すればいいというものではありません。
きちんとした食生活をし、ストレスにも対処して、健康的な生活をすることが大切です。

ニキビが肌に表れる前に起こること

ニキビが肌に出現すると、「あれ、急にニキビができちゃった」とびっくりする方も多いと思います。

しかし、肌にニキビが表れる前には、肌の内部である変化が進行しています。

その変化とは、炎症です。
ニキビが発生する前、肌の内部ではまず炎症が起こり、それが内部に留まっていられなくなると、肌表面に表れニキビとなるのです。

そのため、ニキビができないようにしたいと思ったら、そもそも炎症が肌の内部にあるうちに対処することが大切なのです。
ニキビが表面化してから対処しようとしても、大変な手間がかかり、またへたをすると跡に残ったりすることもあります。