ストレスは身体を緊張状態にしてしまう

ニキビなどの肌トラブルに見舞われたとき、ストレスが原因であると考える人は多いと思います。
実際に、ストレスは身体に深刻な影響を引き起こすことがあります。

人間の身体は、ストレスを感じると一気に緊張状態に入ります。
交感神経が活発になり、どんな外部の刺激にも対応できるよう脳がフル回転し始めます。
そして、心臓は激しく動悸を打ち、血圧も上がります。
身体の機能は全て刺激に対して戦うために準備されるので、それ以外の機能、例えば排泄などの機能は停止状態になります。

外部から実際に敵がやってきたときのストレスは、敵がいなくなれば消えてしまいます。
しかし現代社会においては、ずっとストレスを感じる状況に置かれることは珍しくありません。
嫌な上司や友人、ストレスを感じる相手ははっきりしていても、簡単に関係を絶つことは難しいのが現状です。

ストレスを感じる状況にずっと置かれ続けると、ずっと身体は緊張を抱えたままになってしまいます。
すると胃腸がきちんと働かなくなり、便秘など排泄に困難を抱えることもあります。
また、身体が緊張状態のときは、脳に一番血液が集まるようになっているため、身体の末端の部分は後回しになります。
そのため肌は栄養不足に陥りやすくなり、老化が促進します。

また、ストレスは体内に活性酸素を生じさせるので、これも身体の老化を早める一因となります。

ストレスは血液の中にも深刻な変化を引き起こします。
緊張状態になると、血液中に白血球が増大しますが、これは肌に炎症を生じさせる作用があります。
ずっと緊張を抱えていると、肌にニキビなどができてしまうのもこれが原因です。

適度な運動がストレスを和らげる

ストレスを緩和させたいなら、セロトニンという脳内物質の分泌を促すことが大切です。
これはウォーキングなどの適度な運動によって分泌されます。
運動はハードなものでなくとも構いません。
軽いウォーキングなどを続けるだけで、身体も心もリラックスする作用が得られます。

良い香りはストレス軽減に絶大な効果がある

もう一つ、ストレス軽減のためにぜひ取り入れて欲しいのは、香りです。
人間の感情を司るのは大脳ですが、良い香りはこの大脳に作用して緊張を和らげます。

お香やアロマ、香水など、良い香りをもたらすものが世界中で用いられてきたのには、身体と心の健康に香りが絶大な効果を発揮するからなのです。

過度なたばこ、カフェインを遠ざけよう

タバコやコーヒーが好きだからと、ついつい度を越して嗜んでしまう人がいますが、これは身体に非常に良くありません。

ストレスを感じている状態は、ただでさえ交感神経が活発になっている状態なのに、タバコやカフェインを摂取してはますます交感神経を亢進させてしまいます。

同じように、アルコールも過度に摂取するのはいけません。
アルコールには確かにストレスを緩和する作用がありますが、それは少量摂取した場合のこと。
過度な摂取をすると、逆に今度は身体を覚醒させてしまい、これではリラックスするどころではありません。

また、アルコールを飲んでいる間は嫌なことを考えなくて済むと、度を越して飲み続けていると、依存症になる危険もあります。
それに、飲酒してからの睡眠は質も悪く、しっかり体や脳を休めることもできません。
質の悪い睡眠はストレスをより深刻なものにしてしまうので、自分がストレスを感じていることを自覚しているときほど、飲酒に対してはよくよく注意しなければならないのです。