睡眠が身体にもたらす良い影響

綺麗な肌になりたいなら、ビタミンなどの美肌成分を含んだ食材を取り入れるべきだと誰もが考えています。

確かに栄養価の高い食材を摂ることは、肌のため、また体のためにもとても大事なことであり、健康づくりには欠かせません。
しかしそれ以上に、良質な睡眠をしっかりとることが、美肌作りには重要なのです。

食事と違い、睡眠不足はあまりたいしたことではないと考えている人は多いものですが、そうした考えは大変な間違いです。

何故かというと、良質な睡眠は身体のダメージを回復させる力があるからです。
人の脳は、起きている限り活動を続けています。
そのため、日中は脳に血液が集中して、肌など身体の末端にある部分には血液が届かなくなりがちです。

しかし、脳が休憩している睡眠中なら、身体中に血液が行き届くようになり、末端までしっかり栄養が届けられます。
この時運ばれる栄養が、消費されたエネルギーや、損傷している身体の細胞などを回復させるのです。

睡眠不足になると体調を崩すことが多くなるのは、こうした身体の回復が行われなくなるからです。

また、睡眠にはもう一つ、大切な役割があります。
それは成長ホルモンの分泌を促し、身体の修復をすることです。

成長ホルモンというと、子供の身長を伸ばす効果を思い浮かべる方は多いと思いますが、成長ホルモンの役目はそれだけではなく、細胞分裂を促し傷ついた体の細胞を修復する役目もあるのです。

肌の細胞を癒すには最低でも6時間の睡眠が必要です。
美肌を作りたいなら、しっかり6時間以上の睡眠を確保することが欠かせませんので、いま睡眠時間が足りていない人は自分の生活を見直す必要があります。

どの時間に睡眠をとるのが理想的か

さて、美肌を作るには睡眠をしっかりとることが必要だということがお分かりいただけたかと思いますが、では一体どの時間に睡眠をとるのが適切なのでしょうか。

一番理想的なのは22時から2時の間にしっかり寝ていることです。
いわゆる「ゴールデンタイム」と呼ばれるこの時間帯に寝ていると、成長ホルモンが分泌され、身体の修復がスムーズに行われます。

しかし、忙しく働いている人が多い現在、22時にベッドに入ることがなかなか難しい現状もあります。
できたら、12時くらいを目安に就寝することを目指しましょう。

また、成長ホルモンが分泌されやすい身体を作るためには、規則正しい生活を送ることも大事です。
なぜかというと、成長ホルモンが分泌されるには、規則正しく体内時計が働くことが望ましいからです。

そのため就寝時間だけではなく、生活のいろいろな面を規則正しく整えることが大事です。

良質な睡眠とは何か

さて、しっかり睡眠をとることはとても大切ですが、せっかく寝ていても質の悪い睡眠をとっていては、あまり身体に良いとは言えません。

それではどのようにすれば良質な睡眠がとれるのかというと、寝る前に少々の工夫をすることが大切になります。

寝る前の数時間、脳を興奮させないために、パソコンやスマホはできるだけ使用しないようにしましょう。
パソコンなどの光は強いので、できるだけこういうものを遠ざけることが大事です。

また、就寝予定時間の1時間ほど前に、部屋を暗くしておくと、体内にはメラトニンという物質が分泌されます。
この物質は睡眠の質を上げてくれるので、ぜひ意識して就寝前に部屋の照明を暗くするようにしてください。

また、就寝中に脳が明るい光を感じると、睡眠の質が落ちてしまうので、遮光カーテンなどを利用して部屋を暗くするよう心掛けてください。

成長ホルモンが分泌されやすくなるのは、睡眠に入ってからおよそ3時間ほどの間と言われています。
この間にしっかり良質な睡眠を確保することが、健康にも肌にもとても重要なことになりますので、ぜひスムーズに入眠できるよう工夫をしてみてください。

すっきり目覚めるには睡眠のリズムをつかむこと

しっかり寝たはずなのに、なぜか頭がぼうっとする、などということはありませんか?
このように目覚めがすっきりしないのは、睡眠のリズムが関係しています。

レム睡眠とノンレム睡眠という言葉を聞いたことがある人は多いと思いますが、これは睡眠の深さを表す言葉です。
眠りが深い状態はノンレム睡眠、浅い状態がレム睡眠で、人は寝ている間、およそ1時間半ごとにこの二つの状態を繰り返しています。

すっきり目覚めるには、この二つの状態が切り替わるときに覚醒することが必要です。
およそ1時間半ごとに切り替わるということは、その倍数、6時間や7時間半の睡眠時間にするとよいということです。

また、二つの状態が切り替わるタイミングならいつでも良いというわけではなく、できたら眠りの浅いレム睡眠の後に覚醒する方がよりすっきり目覚められます。
レム睡眠の後というと3の倍数、6時間や9時間の睡眠時間を確保するとよいということです。

このタイミングで目覚めることができたら、そのまま体を横たえているのではなく、すぐベッドを離れるようにしましょう。
いつまでもベッドの中にいると、また眠気を感じてそのまま寝ついてしまう可能性があるので、多少無理をしても体を起こすことが大事です。

カーテンを開けて朝日を浴びる、また水を飲んだりシャワーを浴びるなどの行為も、身体を目覚めさせてくれます。